2018年02月18日

2018/01/20 Musu Bore&ROSEMADDER"80's Nightmare"tour@心斎橋火影へ行ってきました。

DSC07454.JPG

2018年1月20日に心斎橋火影で行われた Musu Bore&ROSEMADDER"80's Nightmare"tour
に行ってきました。おせーよはなしにして。あれからもうすぐ1か月経つんかぁ早いっ
今回はMusu Boreさんの新譜ツアーいうことでしかも関西の企画は我らがNakataniさん!
これは行かぬわけには参りませぬ。関西は大阪と京都の2DAYSで流石に連日はキツいなぁ
となり私は火影をチョイスしました。Musu BoreとROSEMADDERいうバンドさん、私
お初でございますが迎え撃つ関西バンドはSOUとJacob'sLaddeに野中比喩やとぉぉ
どれも強烈なバンドなので私迷わず火影をチョイス。どちらも大好きなバンド!!
そしてレコ発ということで正装とまではいかずともそれなりの装いで腰紐一本余分に
〆て参戦いたしました!レコ発いうたらですねーワタシのホビーであるブルーローズの
登場やないですか!何も考えずに行きつけの花屋に行ってブルーローズを1本1本メンバー
数個別包装して一つにまとめて花束風にするという面倒くさい注文をするのですが、
考えたらツアー中のバンドさんに生花はNGやーん、と思った時には後の祭り。
仕上がった後でしたとさ。しかも無駄にデカい。もう少し小振りで注文すればヨカタ。
でいつも通り荷物も無駄に多いまま、リキ友さんと大丸カフェでお茶して火影へイザ!
火影と言いますとワタクシまともに一人で行けたことがなくて今回は保護者同伴やので
大変助かりましたです。演奏始まる前にMusu BoreのRenさんにブルーローズを送りつけ、
(迷惑千万、すみませぬ)新譜を早々にGETしミッション完了。後は音に身を委ねるのみ。
そんな感じで始まりました。トップバッターSOUさん。前回1月7日にブランニューで見た
ばかりでございますが、ワタクシCDも買ってないくせに結構適当に歌えたりするwww
大阪やということで勿論サイコさんも参戦。ライブハウスによって色合いを変えてくる
SOUさんですが前回火影で見た時より妖しさと凶暴さが増していてそのくせ儚く美しい。
いつもクールなベースの方も今日は激しく熱いプレイで今まで見た中で一番良かった。
というかずっと良かったを更新し続けてる感じなんですよーSOUさん。一番最初に見た時
自分の中ではあまりピンとこなかったんですが、その日の気分とかバンドさんの調子とか
箱との相性とか色々あると思うので最近は最初に見た印象で決めないようにしてます。
ライブって生き物やないですかーその日のそのバンドのライブは二度とない訳でして、
どこで自分の心のトリガー引くかも分らんのですよね。引かれまくりで収集つかなく
なってますがやっぱり私はSOUさん好きやし機会ある限り見ていきたいと思います。
この日の最後から2番目の歌、新曲やと思うんですがめちゃ良かった。サイコさんの声が
般若心経みたいやって呪詛的な要素も盛り込んできてあーそっちもイケるんやって引出の
豊富さに感心したしこれからもどんどん面白い試みをやってくれるバンドや思います。
2バンド目Jacob'sLadder。この日はワタクシSHUU様に是非ともつけていただきたい
香水を支配されている気分を味わおうと勝手に自分に振り付けて参戦しました。アホw
シャネルのココ・デ・ノワール。これしかないです。法王ぁ。愚かな民をお救いください。
バンドとしては敬愛するヰタセクスアリスの次に好きかもしれない。いや好きというレベル
を超えている。完全にこのバンドに支配されております。今回は妖精ホリさんがSHUU様と
お風呂に入るのが嫌だということで妖精の国へ帰ってしまわれたそう(MCより抜粋)
VICEの昭和の男前顔ゴリさんのドラムで始まりました。強烈に耳に残るオープニング曲。
妖しく奏でるリフ、マイクなど要さぬ完璧な歌唱、支える安定して狂った楽器隊。
時に激しく、時にメロウに怪しく、そして土着民謡的な要素も盛り込まれており、
徹底して作りこんだ世界観とその世界観を損なわぬまま笑いも取れるMC。神か?悪魔か?
ワタクシ流石に今回は石にはならず踊りまくって呆けまくって腰紐〆なおしました。
そんで初見のお客様は当然みな、茫然と石になっておりましたです。圧巻のステージ。
3人目野中比喩さん。ワタクシ今回2回目ですが音自体は正直よく分からないのですが、
トーク面白いし、ひたすら可愛い。昔(今も?)アイドルやったんですねーどおりで。
暴れまくって疲れた身体を癒すサウンドとルックスに殺られました。ちょい休憩ね。
4バンド目、今宵のメインディッシュMusu Bore。実はリキ友さんにCDいただいており、
一度流したことがあるんですが案の定寝てしまい、いやーちゃんと聞けよと思いましたが
それ程心地よい音やいうことで噂ではある意味Musu Boreの正しい使用法なのだとか。
で特に予習もなくぶっつけ本番でライブに挑みました。ノリノリのバンドいう感じやない
ですが音を徹底的に作りこんで大切にして兎に角音で表現することに拘っているが伝わる。
まあ私は楽器やりませんしリコーダーくらいしかひけませんから能書きはよく分からんの
ですが最初に聞いた感じは気持ちいいなぁです。立ってるのがちょっとしんどくなる。
それから妙にエロテックないやらしい音もあり(そんな風に感じてる人おらんかもですが)
時に深海漂うような感じもありラストの曲では人間やめて深海魚になりたひと思いました。
ノリの良い踊れる曲もあったりで簡単な振りなので皆でフリフリ踊って楽しかったなぁ。
ラストROSERMADDERさん。全てのバンドが素晴らしかったですが個人的にこのバンドに
全て持っていかれました。それくらい強烈なアクトやった。初見のインパクト本当に大事。
もうリズム隊が強烈ですよねー。特にベース!!!スナフキンみたいな妖しい出で立ちに
あの音。なんやねん!強力すぎる。Nakataniさんから事前情報でリズム隊ヤバいと伺って
おりましたが梅田さんのドラムも凄かったなぁ。そして色気のある華麗なギター!!
楽器隊だけですべて持っていかれた感あったのに、堕天使みたいな妖し可愛いボーカル!!
不吉に笑う、逝かれた可愛いボーカル!フワフワ浮いてる、宙に舞うボーカル。
もうこの世のものとは思えん。なんつーバランス取れた可笑しなカッコいいバンドなの!
最初から最後までめちゃくちゃ私好みの音にアクトを浴びせられて釘付けなりました。
あー音源買うといたら良かったなぁーホンマにいいバンドです!また見たい。
総じてよきよき夜でした。ツアー自体は京都→横浜→東京と続き先日バレンタインデーに
ファイナルを無事に迎えたようで、私は大阪編しか参戦しませんでしたが何故だか
そわそわしてしまって、無事にファイナルを終えた後のMusu Boreのスタッフさんの
丁寧なツイートの連投を見てなんかウルウルしてまい(更年期です、すんません)勝手に
スタッフさんのバンドへの愛を感じて、バンドのこと、ツアーのこと、関わった人たちの
ことを大切に思ってはるんやなぁととても感慨深い思いで幸せな気分になりました。
ありがとうございます!ほんで私はこの夜も帰り道が分からんで宗右衛門町ブルースを
奏でて難波経由で帰るのでした。なんで難波ハッチにおるねーんっていうね。
けど素敵な夜に酔ったので宗右衛門町経由でも全然気にしなーい。楽しかったなぁ。
演者の皆さま、企画のしてくださったNakataniさん、どうもありがとうございました。
そして毎度家族に感謝。1月はまだラスト1本続きます・・・
posted by menchan at 21:08| Comment(0) | ライブ

2018年02月12日

2018/01/14とおぼえライブ@難波meleへ行ってきました。

DSC07404.JPG

2018年1月14日に難波meleで行われたとおぼえのライブに行ってきました。
以前から見たい見たいと思っていたバンドさんでライブの前に音源とTシャツ
とボーカル徳田さんのエッセイを購入する熱の入りよう。はよライブ行けよw
と中々その機会を得ず今回味園からの移動で逝けると相成りましてリキ友さん
もお誘いし(強行軍に付き合わせてすみませぬ)味園→meleの梯子酒。
レコ発ライブの時からずっと気になっててというかジャケ惚れですね。
あんなジャケのCDが悪いわけないしー絶対自分の好きなやつ。勘で分かります。
その後Tシャツのデザイン見てあーもうこれ絶対ビンゴやって確信してやっとこ
ライブに逝けることになりました。うれしー。
普段ライブはタイムテーブルをバンドさんに伺ったり基本的にあまりしないの
ですが間に合わんかったら泣くし阿保やし今回は出番もキチンと確認して、
その時間に間に合うようにリキ友さんと味園を後にしました。
meleについたらちょうどとおぼえさんが音合わせしてるところやって間に合った。
ヨカタ、ヨカタ。この日はmeleも中々の詰め込みようで(ここいつもかww)
6バンド出演でとおぼえさんは4番目からのアナログエイジカルテットさんに
シスターポールさんと続きます。アナログエイジカルテット!私めっちゃ好き!
超私得な一日やん!そんな訳で始まりましたーとおぼえさんのライブ!!
土蜘蛛黙示録言う曲が好きで(今も聞いてます)この詞の世界たまらんよねー。
とおぼえさんの曲には音も詩も教養を感じる。徳田さんはきっとクレバーな方。
しかもそれが少し歪んだ方向に逝ってしまっている。こういう人は表現するしか
ないですよねー。表現者としては最高ですよねー。歪んだ人間哀歌ですよ。
ほんで皆さま超ウルトラハイテクやないですか!とおぼえさんの楽器隊の編成、
変態チック。ベースもギターもいないバンド?電子ウクレレ?けどその変態編成
はこの人間哀歌を奏でるに相応しい調べを紡ぎだす。まるさんもウクレレの方も
ドラムの方も凄い、凄すぎる。とおぼえ、やっぱりライブに来なアカンかった。
そしてオーケンを後にしてライブに来て良かった、と一発目の曲で確信しました。
それだけでもワタクシもう大満足な気分に浸っておったのに「カバーやります」
うん?何々?「人間椅子の人間失格です」なんやとぉぉあんな馬鹿難しい曲を
この変態編成でカバーするって正気か?渋い、チョイスが渋すぎる・・・・
カバーとか基本興味ないんですが(というか洋楽あんまり知らないし)これは
痺れました。原曲へのリスペクトもあり、しかしきっちりとおぼえの人間失格
になっている。凄いよ、マジ感動しました。ヤバいよ、マズいよ、このバンド。
大体人間椅子の曲堂々とカバーしてくるなんて挑戦的なバンドに会ったことのない。
私はホンマにこの日はこのカバーに全部持っていかれました。今度是非「太陽肛門」
カバーしてください。ってウソウソ。でもちょっと聞きたい。できると思うw
後で徳田さんにお聞きしたところ以前ジギースターダストをカバーしたらイマイチ
やったのでこっちにしましたとのこと。すみません、私デビットボウイ全然良さが
分からなくて(あくまで個人の感想です、好きな人すみません)ジギースターダスト
も聞いたことありますけどとおぼえには絶対人間椅子の方が合うのでこのチョイスは
マジで正解です。そして何気に徳田さんのこの日のTシャツ太宰治ですよ、カッコよす。
でもうそのカバーでフラフラになってた私ですがお次は「アナログエイジカルテット」
私以前見たことありますけどめちゃ好みでこのあっちの方向に逝ってしまっている
女性ボーカリストの方最高に飛んでてカッコいい!ほんでヤムさんのギター痺れる。
フラフラになっているはずやのにまたも最前列で暴れまくってもう一滴も出ないくらい
出し切りました!アナログエイジカルテット最高やろー和歌山Yeah!!!
最後はシスターポールさん。ワタクシ流石に疲れが出たのか少々大人しくなり多幸感
いっぱいのシスターポールさんの曲に薄汚れた魂の洗浄をお願いしましたです。
うーん、綺麗にウォッシュしていただいて生まれたてのバージンBaby→なんのこっちゃ。
胸いっぱいで腹はいっぱいにならなかったので途中難波の駅でリキ友さんとパンを駅の
ベンチで仲良く買い食いしながら女子トーク。楽しかったなぁ長旅付き合わせてスマン。
お陰様でとっても楽しい一夜になりましたとさ。1月はまだ続きます。
posted by menchan at 21:33| Comment(0) | ライブ

2018/01/14怪帰大作戦@味園ユニバースへ行ってきました。

2018年1月14日に味園ユニバースで行われた怪帰大作戦へ行ってきました。
1月これで3本目。というかこれでとどまらず合計6本も行くんですけどね。
これは告知が出た時から絶対いかなアカンやつとして認識しており早い
段階でチケットを入手しておりました。苺楽団主催しかも共演者が半端ない。
犬神サアカス團に首振りDollsにAUTO-MODにインビシブルマンズデスベッド
になんとオーケン様まで!日本暗黒化計画!なんつーイベントやねん。
ほんで前売りたったの4500円ってなんやねん!コスパ最強やろ?ワタクシ
とってもケチなボンビー女なのでライブにおけるコスパは常に気にします。
そうです、むやみやたらに行っているのではないのです。厳選してよいもの
しかもコストパフォーマンスが最も高いと思われるライブに行っているのです。
演者の皆さま汚い心をお許しください。嗚呼悪人正機でも悪人でも救われる
いうてますしこんな心が汚くお金に細かい私でも許してくれますよねー
そして行きたいライブとライブ代を常にチェックし財布と時間と相談して
行きたいライブを決めています。なので自分が行くライブは毎回自分的には
最高の夜になるのですがこれはもう絶対絶対いかなアカンやつと決めてました。
怪帰大作戦は以前梅田のジーラで行われた時も見に行ってとても楽しかったの
ですが今回はなんと大好きな味園ぉということもありテンションマックス。
今回も安定のぼっち参戦の予定でしたがリキ友さんが急遽一緒に行ってくれる
ことになり現地で落ち合おういうことに相成りました。
前回味園に来たのはベットインのレコ発でしかも対バン赤犬という豪華な顔ぶれ。
その時はキャバレー感バリバリでしたが今回は日本暗黒化計画いうことで場内
暗めで暗黒ムードを醸し出しております。結構オンタイムについたつもりが、
苺楽団の犯行予告が始まっておりましてもうちょい早よこれば良かったなぁ。
で割とオンタイムに始まりました、怪帰大作戦。
先陣を切るのは「首振りDolls」実はずっと前から存じ上げてますしMVも舐める
ように何回も何回も見てて曲も歌える曲ありますが中々見る機会を得ずに今回
お初にお目にかかります。いやー感無量。鏡地獄とか初めてやのに歌えるし!
ピンクの実とかめっちゃ好きやし。けどMVとライブはやっぱり全然違うかった!
当たり前ですが!しかも初見が味園みたいなゴージャスなステージでバンドさん
のボルテージ最高潮の中、なんと春にメジャーデビューしますとの発表が!!
おめでとうございます!いやずっと知っててきっときっと大きなステージに立つ
バンドさんやと思っていたのでやっぱりなという感じですが・・・。
お次は「インビジブルデスマンズヘッド」こちらも初見ですが一応ちょっと予習
してていい感じやな思ってたんですがそんでtwitterでおすすめしていただいて
ちょっと楽しみしてました。人間は好奇心なくしたら老ける一方なのでお初の
バンドさんの音を聞くのはめっちゃ楽しみです。元々のライブがとても良い、
のだとは思いますが味園パワーも相まって殺気せまるものがありました。
もう凄かった。俺らがこの会場にズタズタに爪痕残したるいうようなギラギラ感。
いいな会場も恐らく初見の方が多かったと思いますが完全に持っていきましたね。
こういう大きいステージでそういったアクトができるバンドはやっぱりすごい。
また関西に来る機会があったら見たいなぁ遠い目・・・
3バンド目「犬神サアカス團」何回か拝見してて大好きなバンドです。大好きを
豪語しながらアルバムは1枚しか持っていなくて申し訳ございませんって感じ
なんですがライブそれでも十分楽しいんだもん。安定した演奏、徹底したキャラ、
自分たちの世界観、音、凶子さんの可愛らしさと美しい声にドロドロした歌詞。
もう最高やないか!曲は基本的に黒いリフもありますがキャッチーなんですよね。
4バンド目「AUTO-MOD」こちらも名前はずっと知ってて何度も何度も聞いてます
がライブを見るのは初めてでまさか大阪の味園で見れるなんて!嬉しすぎます。
そして「Rose de Reficul et Guiggles」のお二人もライブに華を添えてくれる
とWEBサイトに書いてあってあーもうテンションマックスなるー。なんやねん、
この豪華さ!ライブは勿論素晴らしかったんですけどなんやろなーどの曲もどこ
かで聞いたことのあるような懐かしさかデジャブ感。私もしかして前世でライブ
いったことあるんちゃう?というか曲はある程度ずっと前から予習してたので
ほとんど余裕で楽しめました。ステージングは流石でしたね。魅せる魅せる。
ラストは皆でこぶし振り上げてました。この一体感なんやろねー知ってる人も
知らない人も全て巻き込んで「AUTO-MOD色」に染めてしまう。圧倒的な力。
聞けば前日の高知のイベントがイベンターさんの都合で急にキャンセルになり
大阪でのライブも色々大変やったと思うのですがそんな大変な中素晴らしい
ステージを味園に集った人たちみんなに届けて下さり感謝でいっぱいです。
もう自分は一日一回感謝言うてるなぁ。特にライブの後は101回くらい言うし。
もう死ぬんか?思う時あるけど、僕は死にましぇーん!!だって感謝なんだもん。
5バンド目「ストロベリーソングオーケストラ」大好き。前回の怪帰大作戦の
時もその日の犯行が一つの物語になるかのように仕上げてくれてはったんですが
今回も寸劇色濃いめ。けど座長(吉本か?)宮悪戦車さんの辻本並のトークも
やっぱり面白いですよねー。電波で旗振って皆でグルグル。流石に会場を渦に
することは出来なかったけど少し離れて見たら絶対におかしい昭和的なノリの
踊りもリキ友さん達と一緒に出来て本当に楽しかったです。魅せる、巻き込む、
ステージ作る一体感、この辺は常々流石やなと思います。エンターティナーです。
そして転換の後、教祖オーケンが登場し会場にはどよめきがーおおすげー!!
しかし私とリキ友さんはお次とおぼえさんを見にmeleへ移動しなくてはならず
オーケンを1曲拝んで味園を後にしました。というかめっちゃ楽しかったですが
少々長すぎるイベントでお疲れモードになってしまいまして(その後meleで
大暴れしますがww)自分的には丁度良い切り上げでした。うー演者の皆さま
本当に最高のアクトをありがとうございました。また次回怪帰大作戦で是非とも
お会いできたらと思います。続く・・・
posted by menchan at 20:54| Comment(0) | ライブ